« グーグルのメガネ型端末がもたらす未来 | トップページ | 東京が「世界一」の座を奪還 »

2012年4月17日 (火)

中国GDP成長率より大事な数字

 中国経済が失速している――そんな見出しが先週、メディアをにぎわせた。中国政府の発表によると、今年の第1四半期のGDP伸び率は前年同期比で8・1%。昨年第4四半期の8・9%から鈍化しただけでなく、過去3年間で最も低い水準となった。

 こうしたニュースが深刻度を増して受け止められたのは、中国政界をこのところ揺るがしているスキャンダルのせいでもある。重慶市共産党委員会書記 を務め、中国政界のホープと目されてきた薄熙来(ボー・シーライ)が先月、解任された。2月には、薄の右腕だった重慶市の副市長が米総領事館へ駆け込み、 政治亡命を求めるという事件が発生した。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2012/04/post-2515.php

今なら3大特典特典付き!
便利でお得な年間購読はコチラ!

« グーグルのメガネ型端末がもたらす未来 | トップページ | 東京が「世界一」の座を奪還 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1422791/44917246

この記事へのトラックバック一覧です: 中国GDP成長率より大事な数字:

« グーグルのメガネ型端末がもたらす未来 | トップページ | 東京が「世界一」の座を奪還 »